プロフィール

 

 昭和43年9月生れ

 

     高校まで野球部に所属

     中学時代はキャプテンでサード1番バッター

     高校時代が副キャプテンでセンター5番バッター

     大学時代はバドミントン部(商学部)に所属

 

平成4年   日本大学商学部商業学科卒業

 

同年     関東地方の地方銀行(第一地銀)に入行  

                   新任店では渉外と融資、2店目(平成8年~)では主に融資を経験し 

                   ました。   

                   当時、担当先が3社も倒産、取引先も業績不振な先が多く大変な毎日 

                   でした。

 

平成12年  担当先が3社も倒産したこと、延滞債権の交渉業務が多かったことな

                   どからか、債権回収専門部署の立ち上げに伴い3店目は融資業務部に 

          配属。実質破綻先・破綻先のみが担当先という環境に2年半在籍。

 

 会社の社屋や土地、保証人の自宅などの競売等法的手続き。胸が締め 

 付けられる毎日でした。

 

平成14年  融資業務部から4店目に異動。これまで経験できなかった、上場企業 

           の担当にもなり、また新しい経験ができました。

 

平成17年  5店目は中規模店でした。

                融資主任を経験、部下も増え、多忙な毎日でした。

 

しかし、入行当時に自分の考えていた銀行のあり方と、実際に自分  が業務として行っていることを比べて違和感を感じ、『本当にこのままでいいのだろうか?』と思うようになりました。

                当時の支店長のやり方にも賛同できず、ぶつかったりもしました。

 

 平成20年 銀行関連会社のリース会社に出向。

               銀行では経験できなかった。リース業務に従事、貴重な経験でした。

 

 平成21年 このままでいいのか?という気持ちは変わらず、17年間勤めた銀行 

                   を退職。

 

これまでの経験を活かして、中小企業のサポートをしたいとの思いで

コンサルタント業を開始しました。

 

                        業績予測管理システムとの出会いに感謝しています。

 

そして業績予測マネジメントを実践することにより、多くの経営者様に感謝されている自分は本当に幸せだと思っています。

 

これからも業績予測マネジメントで、経営者の夢と笑顔を応援してい

きたいと思います。